2017年7月12日水曜日

7割以上が「週2回以上」の頻度で家飲み [お酒ニュース]

アサヒグループホールディングス株式会社から全国の20歳以上の男女2,105人に「家飲み」に関する意識調査結果が発表されました。


■7割以上が「週2回以上」の頻度で家飲み―定年シニアは会社帰りの一杯から家飲みへ


 家飲み


主な調査結果では、まずは、家飲みの頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日(の頻度で家飲みとしている)」と回答した人は全体で35.7%。


さらに「週2~3回」(22.3%)、「週4~5回」(17.2%)が続き、全体の7割以上が少なくとも「週2回以上」の頻度で、家飲みを楽しんでいることが明らかとなりました。





過去8年間の「家飲み」調査を見ると、「週4回以上」が特に高かった年は、消費税8%が導入された2014年(56.1%)と、東日本大震災があった2011年(54.9%)です。


消費マインドが低下し家計の節約意識が高まると、結果的に「外飲み」から「家飲み」の比率が高まる傾向が見られます。


■6割以上が1カ月の家飲み代は「5,000円未満」― ビール1箱が家計の目安!?


1か月の家飲み代について聞いたところ、「1,000円未満」という声が最も多く14.0%。「2,000~3,000円未満」(13.8%)、「1,000~2,000円未満」(12.4%)が続き、全体の4割以上が「3,000円未満」。さらに「4,000~5,000円未満」(12.0%)、「3,000~4,000円未満」(10.1%)が続き、全体6割以上が「5,000円未満」で1カ月間の家飲み代をやりくりしていることがわかります。


■家飲みで人気のお酒は「ビール系飲料」―猛暑が予想される今夏は消費量が増える?





家飲みで人気のお酒で堂々の人気ナンバーワンは「缶ビール」(71.4%)でした。食事に合う「缶ビール」が家飲みの主流という声。


さらに、続いて2位にも「缶の発泡酒 ・新ジャンル」(55.4%)があげられ、さっぱり、喉ごしの良いビールや発泡酒・新ジャンルに高い支持が寄せられました。


●調査対象 全国の20歳以上の男女2,105人(有効回答数:男性1,111人、女性994人)

●調査方法 インターネット

●調査期間 6月21日(水)~6月28日(水)


家飲みの準備は、定番のお酒から珍しいお酒まで、取扱い商品が豊富な【WEB SHOP】で!

輸入酒のかめや・WEBショップ

人気カテゴリー
ウイスキースコッチ・ウイスキー |  アイリッシュウイスキー |  アメリカンウイスキー |  カナディアンウイスキー |  日本のウイスキー |  ボトラーズウイスキー) |  ブランデーコニャック |  マール、グラッパ |  カルヴァドス |  フレンチブランデー |  フルーツブランデー |  日本のブランデー) |  シャンパン・スパークリングワインドンペリニョン |  モエ・エ・シャンドン |  ヴーヴクリコ) |  ワイン赤ワイン |  白ワイン) |  フォーティファイドワイン |  スピリッツジン |  ラム |  テキーラ |  ウォッカ) |  リキュール |  ビール・低アルコール飲料 |  日本酒 |  焼酎 |  梅酒、果実酒、ラム酒 |  中国酒、マッコリ |  シロップ・ソフトドリンク |  食品、調味料 |  業務用品 |

家飲み メニュー 家飲み コンビニ 家飲み 一人 家飲み お酒 家飲み おつまみ おすすめ 家飲み ブログ 家飲み グッズ 家飲み会 メニュー 家飲み 手土産 家飲み 宅飲み